黄檗普茶について

 黄檗普茶は京都宇治の黄檗山萬福寺を開創された隠元禅師が中国から伝えられた清餐であります。その初めは禅宗の茶礼の点心すなわち非時の斉であり普く衆に茶を供する意であります。歳月が流れるに従って次第に内容が変化致しましたが素朴が特色で山野の蔬菜を材料として調理するもので一卓四人宛着席し和気藹々のうちに料理を残さず食するのが普茶の作法であります。

  • ■長興山紹太寺
  • 神奈川県小田原市入生田303
  • tel. 0465-22-7760
  • fax. 0465-22-5262

普茶会席について

 黄檗普茶は京都宇治の黄檗山萬福寺を開創された隠元禅師が中国から伝えられた清餐であります。その初めは禅宗の茶礼の点心すなわち非時の斉であり普く衆に茶を供する意であります。歳月が流れるに従って次第に内容が変化致しましたが素朴が特色で山野の蔬菜を材料として調理するもので一卓四人宛着席し和気藹々のうちに料理を残さず食するのが普茶の作法であります。

  • ■長興山紹太寺
  • 神奈川県小田原市入生田303
  • tel. 0465-22-7760
  • fax. 0465-22-5262